雨漏り修理や外構工事で役立つ知識や情報~シュシュシュと修理~

roof repair

放置せずに修理

worker

雨漏り修理は時間がかかる、お金がかかると思っている人が多く、放置している人が多いです。それでは建物自体の寿命が短くなってしまい、後々更に大きな費用が必要になります。効果的に修理をした方が割安になります。

Read More

工事費を安くできる

worker

外構工事をする場合、家を建てた時と同じ住宅メーカーに依頼するケースが多いです。お得に外構工事をしたいなら、住宅メーカーではなく、エクステリア業者に依頼するのがポイントです。

Read More

依頼する業者を選ぶ

roof fix

リフォーム会社に外壁塗装を依頼することができますが、リフォーム会社は直接塗装を行わず下請け業者に任せるのが一般的です。そのため、リフォーム会社に依頼するのではなく、塗装業者に任せた方が費用を抑えられます。

Read More

操作しやすい場所選び

ポタポタ落ちる雨漏り修理はお早めに行ってもらいましょう。こちらのサイトで各業者を比較することが出来ますよ。

分電盤を設置するスペース

roof fix

電気工事で分電盤を設置する場合には、その設置場所に注意が必要です。水気や湿気が少なくて、ブレーカーを操作することが容易な1800ミリメートル以下の高さに設置することが望ましいと言えます。電気工事の際には、万一の停電のときにも、操作しやすい場所を選んで設置する必要があります。住宅の場合には、一般に、玄関付近の収納や納戸内などに設置することが多くなっています。現在、分電盤のサイズは通常、高さ325ミリメートルが目安になっています。幅の方は、回路数によって変わってきます。たとえば、6回路以下であれば416ミリメートル、7から10回路であれば450ミリメートル、11から16回路であれば484ミリメートルという具合に大きくなっていきます。

分電盤の設置で注意すること

最近の電気工事では、分電盤は、収納棚などに組み込んで、外部から目立たなくするというケースが多くなっています。ただ、そういう場合であっても、上下、左右、前面、いずれの方向にも、およそ100ミリメートル程度の施工スペースを確保しておくことが大切です。また、前面カバー付きの分電盤も多数出まわっていますが、電気工事において、そうした製品を採用する場合には、カバーを開いたときに、収納物とぶつからないように納めておくことが必要になります。分電盤の前面が収納物でふさがれて、万一の際のブレーカーの操作の妨げにならないように、分電盤の取り付け位置の奥行を浅くして、最初から分電盤の前面に収納できないようにするという工夫も、よくなされています。

おすすめ関連リンク集