雨漏り修理や外構工事で役立つ知識や情報~シュシュシュと修理~

roof repair

放置せずに修理

worker

雨漏りをしている場合は、そのままにせずに、なるべく早く修理した方が良いです。その理由は、状態が悪化する可能性があり、後々大規模な修理が必要になることもあるからです。ですから、雨漏りに気づいたらなるべく早く雨漏り修理をした方が良いでしょう。雨漏りをする箇所は様々あります。特に多いのが、棟板金、スレート、漆喰、瓦、谷樋、トップライトなどです。雨漏りに気づいた場合は、まずよく雨漏りする場所からチェックした方が良いです。場所や状況によっては、すぐに雨漏り修理ができる可能性もあります。素人では雨漏り修理ができないと判断したら、専門業者に任せるのが安全です。

雨漏り修理をしていなくて、大雨が降っている場合は、家の中に多くの雨が入ってきてしまいます。それを防ぐために、応急処置としてできるのが、雨漏りしている部分にブルーシートを被せる方法です。ブルーシートを被せて、重りを乗せるだけで簡単に処置できます。ただ、あくまで応急処置なので、ちゃんと修理することが大切です。ホームセンターなどで売られている防水アルミテープを貼るのも、1つの処置です。ただ貼るだけで水漏れ、雨漏りを防ぐことができます。雨漏り修理業者が行っている修理方法は、棟板金が原因となっている場合、それを取り外し、ヌキ板も撤去します。それから新しいヌキ板を取り付け、新しい棟板金を取り付けます。釘穴や継ぎ目に防水コーキングを行なうので、小さい穴から雨漏りをするのを防ぎます。雨漏り修理内容によっても、料金は異なります。棟板金の浮きを改善する修理の場合は、30万円~100万円程度が目安になります。スレートのヒビ割れなら、1万円~2万円程度で修理できます。